先日、粘土カッターの
3Dモデルを制作しました。

キャプチャ2

で、DMM.com
3Dプリントしてもらった物が
到着しました。

nendo1

nendo2

nendo3

これが
粘土カッター。

材質は、
以前作ったビーズ型と同じ
アクリル製なのですが、
ビーズ型はXtreme Modeのアクリルで
今回の粘土カッターはUltra Modeのアクリル。

どう違うかというと
Xtreme Modeの方がキメが細やかで
その分値段も高め(30%くらい?)、というところ。

じゃあ出来上がりは
どのくらい違うのか
実物で比べてみたんですが、
確かにUltra Modeの方が
ちょっと表面がざらっとしてる感じはありますね。

部分的に粉も吹いてる感じ。

でもまぁこの粘土カッターは
粘土をカットするだけですから
そこまで精度は求めていなかったので
十分許容範囲内です。

で、2つを組み合わせて…

nendo4

こんな感じにして
粘土をカットしていこうかと。

イメージ的には
爪切りに近いです。

じゃあ爪切りでいいじゃん
って話ですが、
直径2mmの棒に当たらないようにカットするのは
ちょっと普通の爪切りじゃ難しいので
今回3Dプリントで作った次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。