12月13日、
中島みゆきさんの
夜会に
行ってきました。

12月13日は
私の
デビュー記念日でも
あるのですが
特に
誰に祝われるわけでもないので
自分で
祝います。

フィリピンに
行く前から
予約していたので
楽しみで
楽しみで。

前々から
興味があったのですが
値段がネックで
行く機会を
逃していたのですが。

 もう
 もしかしたら
 みゆきさんの生の歌声が
 聴けなくなるかも…


根拠のない不安に駆られ
チケットを
申し込みました。

チケット代金は
高い高いとは
聞いていたのですが
普通の席で
1万8千円。

考えてみれば
自腹切って
人のコンサートに
行くことって
これが初。

値段のおかげか
わかりませんが
お客さんは
御年配の
上品な方が多く。

若い方や
中には
外国の方も
いたりして。

どう例えたらよいのか
わかりませんが
少なくとも
EXILEの客層とは
だいぶ
違う感じでした。

実際の
夜会の内容ですが、
ストーリーは
正直よく理解できなかったのですが
生のみゆきさんの姿と歌声に
感激しきりでした。

みゆきさんの
低音で
うなるような
シャウトが
ゾクゾクします。

あれ
どうやってるんでしょう。

自分も
50歳過ぎても
バリバリに
声がでる状態に
ありたいと思いました。

いいもの
観させて
いただきました。

次は
松山千春さんの
コンサートに
行ってみたいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。