【備忘録】Premiere Proを14.0から14.0.1にアップデートしたらエンコードで止まった(2020.1.22)

(久しぶりの投稿がこれか…って感じですが。私の備忘録です。)

昨年(2019年)から使い始めたAdobe Premiere Pro。

年が明けてしばらくしたらCreative Cloudが「アップデートあります」と通知。

14.0から14.0.1にアップデートしませんか、と。

なにやらバグの改修が含まれているそうなので何もなしにアップデート。Media Encoderも一緒に。

そしたら…

エンコードが進まない…。進む動画もあるのですが、進まないやつは何時間経っても進行が0%のまんま。

結局一度Premiere自体をアンインストール(環境設定は保存)して、14.0を再度インストール。そしたらエンコードが正常に進むようになりました。Media Encoderも同様。(Premiereが14.0、Media Encoderが14.0.1の状態でMedia Encoder使ってエンコードしたらやっぱり進まない。当たり前っちゃー当たり前)

何やら噂では「新しいシーケンスにコピペしたら書き出せる」という力技もあるとかないとか…。

とりあえずむやみやたらにアップデートするのは控えようと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。