セブ島から帰国する際、
香港の空港で
一度乗り継ぎました。

その際、空き時間が10時間もあったので
香港駅まで足を伸ばしてきました。

どうでもいいのですが、
空港から出る時の税関で提出する用紙の
“address in HongKong”の欄を
どう書こうか迷ったのですが
空欄のまま提出したらあっけなく入国できました。

香港空港からは
Airport Expressという乗り物があって
それに乗ると
九龍駅や香港駅に手軽に行けます。

20160327_164009_0 のコピー

日帰りの往復券なら100香港ドル(1500円くらい)です。

少々高めなのですが
タクシーやバスより時間が正確なので(渋滞がない)
Expressの方が良いとのこと。

最初、
九龍駅と香港駅どちらに行こうか迷ったのですが
なんとなく香港駅の方がメジャーな感じがしたので
香港駅にしました。

列車に乗っていた観光客らしき人たちも
ほとんど香港駅で降りていたので
あんまり九龍は人気ないのかな…?

でも次機会があれば
九龍に行ってみたいです。

30分くらいで香港駅に到着。

前にも書きました
東南アジア系の女性が多い多い…。

日本のお花見みたいなことを
いたるところでやってました。

かなり騒がしいけど
これ毎週末やってるのかな…。

南国から急に大都会に来たので
なんだか時間にせかされる感じがしました。

横断歩道はピッピッ鳴るし
香港駅のエスカレーターめっちゃ速いし
観光スポットにさえも物乞いの人がいる。

香港の競争社会を垣間見た気がしました。

元気あるいはお金があるうちは生活できるでしょうが
そうでなくなった時を考えるとちょっと厳しい気がします。

税金が安いということはそういうことなんでしょうね。

せっかく香港に来たのだから
本場の中華が食べたい。

と思い、お店を探したのですが
時間帯的にどのお店も混雑混雑。

が、そんな中
比較的空いているお店を発見。

フライトまでの時間もそんなになかったので
そこに入店。

豆乳と牛肉麺と焼き餃子を
注文しました。

テーブルで座って料理を待っていたら
少しずつお客さんが入ってきて。

店員さんが
自分のテーブルにそのお客さんを案内して。

当たり前のように相席。

香港って相席が当たり前なんでしょうかね。

合理的っちゃー合理的。

そういや
相席なんてここ20年くらい経験してませんでしたから新鮮。

で、料理がやってきたのですが。

20160327_191018_0 のコピー

この牛肉麺がイマイチなことと言ったら…。

お肉が甘い。

肉の甘みとかじゃなくて
砂糖の甘み。

スープは出汁をとらずに醤油だけ入れた、みたいな感じ。

麺は
カップラーメンの赤いきつねにお湯を注いで
10分くらい待った感じで
ふにゃふにゃ+トロトロ。

空いてるお店には
空いてるなりの理由があるんですね。

大丈夫です。

これが本場の香港の味じゃないくらい理解してます。

日本のお寿司屋さんだって
当たり外れありますからね。

餃子は餃子で
シンプルに焦げてました。

20160327_191414_0 のコピー

相席の方が食べていた
水餃子の方が
明らかに美味しそうでした。

中華圏で
なぜ焼き餃子を注文してしまったのだろう…。

食事のあとは
夜景を楽しみました。

20160327_195531_0 のコピー

スマホだと
夜景撮るの難しいですねー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。