kanfu3

セブにあるSMモールという
ショッピングセンターで
カンフーパンダ3という映画を
観てきました。

日本では2016年の夏に公開だそうです。

セブでは
当然日本語の字幕も吹き替えもありませんし、
カンフーパンダの1も2もよく分からないので
正直ストーリーは理解したとは言えませんが、
子供向けアニメなので
映像と聞きとりやすい発音のおかげで
なんとなく話の流れは分かりました。

ネタバレするので
楽しみにしている方は読まないでください。

簡単なストーリーは

 主人公のパンダが
 離れ離れになっていた父親に出会って
 故郷のパンダ村(?)に行く、で
 なんやかんやあって
 強敵を倒す

みたいな感じ。

しばらくCGアニメを
見ていなかったのですが
今のCGってもうなんていうか凄いですね。

精巧で。

キャラクターはもちろんCGだって分かるんですけど
それ以外の草や建物など
あらゆるオブジェクトのリアリティが凄くて。

登場キャラクターの毛も
ふわっふわ。

先日Blenderで簡単な
物理シミュレーションをやってみたので
今回の映画で出てくるCGの美しさとリアリティの凄さが
改めて分かりました。

Dream Works凄いわー。

レンダリングどうやってるんだろう…。

映画ではパンダ村(?)が出てくるんですが
そこはホントにパンダだらけ。

パンダ好きにはたまらないんでしょうね。

有吉さんなんか好きそう。

子パンダが
特に可愛いです。

私は映画館で
フィリピンの人達の生の反応を感じたかったのですが
残念ながらその日のお客は
私ただ一人で…。

かなり大きいシアターだったのですが。

フィリピンでは
公開されてからだいぶ経ってるんでしょうかね。

ほんと残念。

ただ、映画の途中で
子供の笑い声が聞こえてきたので

 あれれ、自分以外に
 お客さんいるんじゃん

と思いきや
映画の中の談笑シーンでした。

最近の映画って
音の位置もリアルになってるのでしょうか…?

そういえば
映画を観てて気になったのは
映画の最初に

 盗撮、ダメ

みたいな警告ムービーが
流れていたことで。

日本でいうところの
映画泥棒みたいなやつです。

5年前も何度か
セブで映画を観ましたけど
こんなムービーなかったはずなんですけどね。

フィリピンでも
著作権意識が育ってきたのでしょうか。

カンフーパンダ3のストーリーに戻りますが、
ドラゴンボールっぽいシーンが
気になりました。

ラストのラストで、
主人公が敵キャラにやられそうになるところを
パンダ村の住民(住パンダ)が
みんなでパワーを出し合って主人公パンダを応援するんです。

元気玉みたいでした。

で、なんかよくわからないのですが
主人公パンダが覚醒して凄く強くなるんです。

スーパーサイヤ人みたいでした。

やられそうになってそこから覚醒する流れは
映画「マトリックス」にも通じるんですけど
マトリックスはマトリックスでドラゴンボールに影響されているので
やっぱり影響元はドラゴンボールなんじゃないかと。

全体を総括して、
面白いか面白くないかと言われると
ほんとに

 そこそこ

です。

星3.5くらい。

CGは美しいし
ストーリーも分かりやすいですけど
特にそのストーリーにヒネリがあるわけでもなく
くすっとするような笑いもささやか。

悪くはないけど飛びぬけて面白くもない…。

カンフーパンダシリーズのファンは
楽しめる…んでしょうねきっと。

もはやCGの美しさだけでは
満足しなくなってしまった自分にちょっと幻滅。

っていうか
映画館が寒くて寒くて

 早く終わらないかなー

って
思いながら見てました。

ラストのエンドロールで
声優に
アンジェリーナジョリーや
ルーシーリューが
出ていることを知って
なんかちょっと損した気分になりました。

先に知ってたら
もうちょっと違う楽しみ方が
できてたかもしれなかったのに…。

映画料金は
210ペソ。

だいたい日本円で500円くらい。

円安のせいもあるでしょうが、
どうも徐々に
フィリピンの物価が上がってる印象があります。

投資するなら
フィリピン株でしょうかね。

そういえば
私を担当していたフィリピン人の英語の先生が
実写版進撃の巨人を
観たそうで。

 期待してたけど
 面白くなかった

って
言ってました。(バッサリ)

なんか
申し訳なくなりました。

フィリピンの人にとっては
日本の有名俳優だろうが無名俳優だろうが
さほど意味をなさないでしょうから
純粋にストーリーや視覚効果でジャッジするんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。