炭水化物+炭水化物

関西で定番の

 お好み焼きにライス

 炭水化物に炭水化物じゃん

と揶揄されます。

が、
屁理屈をこねるようですが
ご飯を2杯食べれば
炭水化物+炭水化物ですし、
1杯のご飯だって
2カ所に分ければ
炭水化物+炭水化物になります。

核心は
そこにはなく、
要は

 慣れてない組み合わせ

というだけ。

慣れていないから感じる
食べたときの違和感、
これを説明するために用意されたのが

 炭水化物に炭水化物じゃん

であると。

つまり
炭水化物+炭水化物というのは
単に
食べたときの違和感を説明するための
後付けの理由であって、
しかもその
後付けの理由に
抜け道が多すぎる気がします。

 お好み焼きにご飯って
 私たちには
 食べ慣れない組み合わせだね

これで
いいんじゃないでしょうか。

 なんで
 食べ慣れない組み合わせなの?

と聞かれれば
それは分かりませんが、
少なくとも
炭水化物+炭水化物じゃ
説明できてないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。