日本人は出る杭を打ってるのか

最近は
日本の良さを取り上げる番組が
増えてきてるような
気がするんですけど
気のせいですかね。

視聴する日本人としては
気分がいいから
数字とれるのも
分かる気は
するんですけど。

確かに
安全性であったり
衛生性であったり
日本の良さというのはあると思うんですけど、
国民性に関しては
多少の差はあれど
そこまで海外と違うわけでも
ないんじゃないかと
思うんです。

日本人は自己主張が足りないというけれども
映画やドラマを見る限り
海外であっても
自己主張が強いタイプは
決して歓迎されているわけではない、と感じます。

日本人はシャイだから
積極的に英語を話そうとしない、
だからスピーキングが上達しない、と言われるけれども
それは
海外から日本にやってくる英語圏の外人も同じで
せっかく日本に来たんだから
間違ってもいいから
とにかく日本語を話そうというスタンスの人は
多くないように思います。

あと
日本は「出る杭を打つ」社会だと
言われます。

飛び抜けた才能を潰して
平均を良しとする社会だと。

だから
ビルゲイツや
スティーブジョブズみたいな天才が
現れないのだ、と。

でも、ですね。

だいぶ前の話になるんですけど
ベッキークルーエルさんが
男女を踊って
YouTubeで多少話題になった時、
その動画のコメント欄を見たら
結構な量で
英語の批判コメントがありまして。

踊りが下手だの
かわいくないだの
なんでこんな子が
日本で人気でてるんだ、だの。

そりゃ
多少嫉妬もあるだろうとは
思いましたが、
それにしたって
14,5歳の女の子に対して
こんなにも
激しくバッシングするんだ、と思って
ちょっと意外でした。

海外の人って
こういう目立とうとする人に対して
もっと寛容的だと
思ってたので。

もしかして
出る杭を打つ文化って
日本だけじゃなくて
世界共通なんじゃないかと
その時
思った次第です。

が、しかし。

しかしです。

確かに出る杭を打つ文化は
どの国も似たようなものなのかも
しれないですけど、
飛び抜けた才能が
世に出やすいのは
明らかに外国、というか
もう特定しちゃいますけど
アメリカだと思うんです。


じゃあ何が日本と
決定的に違うかというと

 ノリの良さ

だと
思うんです。

メジャーリーグを
テレビで見てると、
観客のノリが
ぜんっぜん日本と違うんです。

踊ってたり
スタンディング拍手してたり。

日本人メジャーリーガーも

 (日本と)
 歓声が
 ぜんぜん違った

って
よく言ってますし。

たぶん
そういうノリの良さが
頑張る人を
より頑張らせて
結果的に
大成功させているんじゃ
ないかと思うんです。

つまり、
「出る杭を打つ」文化は
世界共通だけれども、
アメリカが違うのは
ノリの良さによる
「出る杭を伸ばす」文化がある点
なんじゃないかと
思うんです。

逆に言うと
日本は
「出る杭を打つ」国なのではなく、
「出る杭を伸ばさない」国なんじゃないかと
思うんです。

ま、
これは私の偏見かも
しれません。

あと
だからといって
アメリカの方が優れてる国とも
思いません。

違う、というだけです。

ノリの良さで言ったら
日本の関西地方だって
比較的ノリのいい場所だと
思うんです。

東京の番組と関西の番組で
明らかに
面白さで差がつくのは
街頭インタビューですし。

 関西人は
 ノリが良くって
 面白い人が多い

というと
関西の人は
「全員じゃないよ」と
否定しますけど、
割合で言えば
絶対に関東の人より
ノリが良くて面白い人が多いと思います。

関西の人がノリがいいから何よ、
って感じですけど、
科学系のノーベル賞受賞者に
関西出身の人が多いのは、
ノリの良さと
天才の出現しやすさに
関係があるからなんじゃないかと
思うんです。

あ…でも
ラテン系の国って
ノリいいですけど、
世界的に有名な天才の名前あげろと言われても
そんな思いつかないですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。