英語が母国語じゃなくてよかったこと

英語を勉強してると
英語が母国語である国の人たちを
うらやましく思うことが
あります。

日本語が
世界共通語だったら
どんなに海外旅行が
楽だったか、と。

おそらく
英語圏の人は
外国語を学ぶ気運は
あんまりないんじゃないか
と思ったら
実際アメリカでは
日本で言う英会話スクール的な
外国語教室は
ほとんど無いと
聞きました。

まぁ確かに
英語さえしゃべれれば
世界どこの観光地でも
通じますから
他の言語を勉強する必要性は
あんまりないですね。

そして
旅行に限らず
世界で活躍しようとすれば
たいてい英語は必須です。

特に科学など
学術分野での共通語は
英語です。

ということは
日本人が
学術界で世界的に活躍するには
英語ネイティブが
3科目受験であるところを
4科目受験しなきゃいけないような
ことなわけです。

こりゃ
不利です、
どう考えても。

しかし
そう考えると
英語が足かせになってしまう日本人が
学術、特に科学面で頑張ってるというのは
素直に
誇っていいと思うんです。

仮に
対等に張り合っているのであれば
それは彼らより
1言語多く話せることを加点して、
がんばった具合としては
上なはずなんです。

ですけど…。

やっぱり
英語ネイティブは
ずるいなぁ…って思います。

ネットで
情報収集するのに
楽でしょ、絶対。

というわけで
悔しいので
どうにか
英語が母国語のデメリット、というか
英語が母国語じゃないメリットを
考えてみました。

ここで
話が飛ぶようですけど。

東京の人って
方言に
憧れたり
しませんかね。

地方の人が
東京に憧れる、というのは
よく聞きますけど
逆に
東京の人にとってみたら
地方の人が方言で友達としゃべってるのを
見たりすると

 なんか
 うらやましいなぁ

って
思いませんか。

不思議と方言って
本音で腹を割ってしゃべってるかのようにさせるマジックがあって
妙に
説得力が増すんですよね。

あと
少々トゲのあることでも
方言で話すと
マイルドにすることができます。

私、別に東京出身というわけではなくて
こてこての
茨城県出身なんですけど
幸か不幸か
東京からそこまで離れてたわけではないので
地元に方言らしい方言は
無かったんです。

ほぼ
標準語だったんです。(と思います)

すると、
関西出身の人が
関西弁で
小気味よいトークを
かましていたり、
博多出身の人が

 よかとね〜

なんて
言ってたりするのを聞くと
激しく嫉妬するわけです。

 自分達の言葉には
 色がない

と。

せっかく
茨城県出身なのに
標準語だなんて
イタリアに行って
朝マック食うような
もんです。

イタリアに
朝マック
あるのか知りませんけど。

とにかく

 なんか
 標準語って
 つまんないよなー

って
思うんです。

これが
バッチリはまる例えになってるか
分からないんですけど、
こういう感覚が
英語ネイティブにも
あるんじゃなかろうか…って
想像するんです。

例えば
非ネイティブの話すつたない英語には
ネイティブが話す完璧な英語よりも
人情味が感じられて
言ってることが
好意的にとられやすい、みたいな。

あるいは
英語が世界標準になればなるほど
色のない
つまらない言語ということになって、
逆に英語以外の言語が
面白がられたり
しないだろうか。

そして

 外人だから
 振る舞いの多少のミスも
 大目に見てあげよう

みたいな扱いを
受けられるのは、
いわば外人の特権だと
思うんです。

これが
完璧なネイティブの発音で
英語を話すと、
もはや
外人扱いしてくれなくなります。

ネイティブの発音を
手に入れるということは
外人特権を
失うということです。

日本だと
白人や黒人を見たら
イコール外人と考えるのが普通で

 ハーフの日本人

の可能性を
忘れがちです。

見た目で外人かどうかを
判断する傾向がありますから。(今後変わっていくかもしれませんが)

ところが
アメリカでは
顔が典型的な日本人でも
パッと見では
外人かどうかは判別がつきません。

日系アメリカ人の可能性が
十分あるからです。

なおかつ
話した時に
英語の発音がネイティブクラスだったら
もう

 あぁこの人は
 アメリカ人なんだ

と確定されてしまい、
外人特権を
剥奪されてしまうわけです。

つまり、
アメリカだと
見た目では
外人扱いしてくれないんです。(勝手な推測)

かといって
会う人会う人に
いちいち相手にパスポートを見せて
外人アピールするわけにも
いきません。

そうすると
私は外人(日本人)ですよ、
という証明は

 言葉(なまり)

しかないと思うんです。

外人特権を活用したいのであれば
言いたいことが伝わる範囲内で

 むしろ積極的に

母国のなまりを残していった方が
いいんじゃないでしょうか。

最後に。

日本人のほとんどが
英語を話せるようになったら、
外人の住みやすい国になって
たぶん
犯罪率も
海外標準になってしまう
気がします。

外国人が嫌いなわけでは
ないですけど
そういう社会は望まないので、
英語教育に関しては
ほどほどにして、
官僚や大企業の
エリート層が
ぺらぺらにしゃべれて、
他の人は
海外旅行に困らないくらい、な国を目指すのが
ちょうどいいんじゃ
ないでしょうか。

具体的には
TOEICで600点前後。。。くらいですかね。

うーん
なんか
文章まとまってませんが
言いたいことは
こんなとこでしょうか…。

ちなみに
生まれ変わるなら
英語圏の国に生まれたいか、と聞かれれば
別にいいです、と答えます。

英語が母国語じゃなくてよかったこと” に対して1件のコメントがあります。

  1. みゆう より:

    確かに日本では英語を覚えるのは難しいですよね。私は正直日本派です。妹は海外派です!母も海外に憧れてます!妹はエミネム好きだし!

    茨城県って方言無いんですか?確かお笑いのU事工事さん達茨城出身でなまってたんじゃ。?

    沖縄は方言ありますよ!あ、一郎に収録されてる新曲に沖縄が入ってて嬉しかったです!

    1. taro より:

      U字工事さんは栃木なんです…。でも茨城県も方言ありますよ、特に北の方は。沖縄もバリバリ方言ありますよね。なんくるないさーってホントに言うんですか?

      1. みゆう より:

        あ!栃木でしたか!失礼しました。

        なんくるないさーはたまに使いますよ!親が!

        1. taro より:

          なるほど。若い子はメンソーレとかそういうの言わないんですかね。

  2. みゆう より:

    茨城県はどんな方言があるんですか?

    1. taro より:

      なんくるないさーみたいな分かりやすい方言は聞いたことないです。イントネーションが違いますね、語尾が上がります。U字工事さんのと同じ感じです。

      1. みゆう より:

        なるほど!難しい感じですね!

        1. taro より:

          ですね。

  3. 通りすがりの元留学生 より:

    ども、昔アメリカに3年間高校に通い、今は無職の者です。

    英語を話すデメリットとしては、やはり攻撃的な性格になってしまうのと
    英語圏の人の悩みとしてはネット上で叩かれやすいことですね。特に911以降、
    イスラム圏と中国人?の人達からSNSやYouTubeのコメント欄では言葉の暴力がまかり通っています。

    世界中で英語が通じると言う事はクレームも簡単にできる訳です。例えばトランプ政権になり、
    イスラム圏とギクシャクすれば、アメリカ人のFacebookやYoutubeの動画に暴言が書かれたりします。
    またアメリカ人は簡単に日本以外の国と英語でコミュニケーションを取れますが、世界中の若者は
    アメリカ人をバカにする人もおり、差別的な発言をブログに書き込んで不愉快にさせたりしています。
    日本で例えると四六時中監視されているような環境に置かれ、アメリカの白人が何気ない一言も人種
    差別や揚げ足取りになってしまい、普通のアメリカ人は病んでしまいます。

    また最近では日本を知らないアメリカ人に対して日本のネガキャンを仕掛ける外国人も居ます。
    彼らは組織的で、日本人はアメリカ人を原子爆弾で恨んでて、毎日アメリカの悪口を言っていると
    嘘をつき、英語が話せない日本人はアメリカ人に誤解されています。もちろんアメリカ人全員は
    日本人を嫌いな訳ではありませんが、良く知らない外国の事は全部英語で通して知りますので、
    英語で得た情報が嘘だらけでも信じてしまうのです。だからアメリカの一部では日本人はアニメを
    毎日見てて、女性は淫らな服を着て、白人が好きなアジア人と誤解をしているのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。