アイアンシェフ

フジテレビの
かつての人気番組、
料理の鉄人が
復活しました。

料理作るのに
興味がない私は、
昔のバージョンも
今回のバージョンも
見てませんが…。

にしても
タイトルは
普通に

 新・料理の鉄人

みたいのじゃ
だめだったんですかね。

せめて
「鉄人」の部分は
このタイトルの肝になる字だったので
日本語で
残して欲しかったです。

「アイアンシェフ」って字面、
ぱっと見た感じ
軽いんですよね。

「料理の鉄人」は
「鉄」の字が
パワーを発揮してたのに
その「鉄」の重厚な感じが
「アイアン」だと
出て来ないんです。

安直に
英語にしてしまうと、
言葉の持っている
色や毒が薄まっちゃうことが
ままあります。

きっと
企画会議で
色んなタイトル案が
候補に挙がったはずなのに、
最終的に
聞きざわりのいい横文字の
「アイアンシェフ」に着地したところに
最近のフジテレビの
冒険しない感じが
現れている気がします。

実際の内容は
見ていません。

もしかしたら
前作よりも
面白いのかもしれません。

でも
新タイトルを見る限り
可もなく
不可もない
さっぱりした番組に
なってるんじゃないかと
想像します。

アイアンシェフ” に対して1件のコメントがあります。

  1. みゆう より:

    太郎さんはやはりタイトルにこだわりますね!

    1. taro より:

      そういえばそうですね。音楽で言えばイントロみたいなとこなので重要です。

      1. みゆう より:

        なるほど!さすがアーティスト!(☆▽☆ )詞や曲よりタイトルにこだわる派ですか?

        1. taro より:

          そんなことはないですよ(笑) 詞も曲も重要です。ただ、他の人より注目してる気はしますね。

          1. みゆう より:

            なるほど!太郎さんの曲は毎回面白いし楽しいから大好きです!

  2. taro より:

    はい、有り難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。