太郎あるある

太郎と
名づけられて
早31年。

これまでの
私の人生の
名前にまつわる
悲喜こもごもを
あるあるネタとして
披露したいと思います。

「小学校時代
 ウルトラマンタロウと
 嘲笑される」

「読み方を
 間違われたことがない」

「名前のおかげで
 笑われることに
 慣れている」

「よく苗字を忘れられる」

「あだ名は太郎だ」

「名前のせいで
 垢抜けられない」

「太郎という名の
 悪人を
 見たことがない」

「ドラマの登場人物の名前が太郎だと
 ちょっと嬉しい」

「かっこいい名前に
 憧れたことがないと言えば
 嘘になる」

「真太郎や
 ○太郎などと
 同じくくりにしないでほしい」

「名前が
 かぶると
 いたたまれなくなる」

「いそうでいない名前だ、と
 よく言われるが
 案外いる」

「太郎より
 花子の方が希少だ」

「どうしても
 曙太郎を
 嫌いになれない」

こんな
ところでしょうか。

太郎あるある” に対して1件のコメントがあります。

  1. もんた より:

    こんな太郎はいやだ。
    「太郎なのに、次男だ。」
    「学芸会で桃太郎役をやりたがる。」
    「よくみたら大郎だ。」
    「子供にも太郎という名前を襲名させる。」

  2. taro より:

    太郎なのに
    次男は
    いやですね。

    ちなみに
    太郎じゃないですけど
    イチロー選手は
    次男らしいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。